DEPARTMENT 高血圧症

高血圧症

高血圧症とは血圧が異常に高い状態が継続している状態のことです。

それでは血圧とはなんでしょうか。
血圧とは血液が血管の中を循環する際に血管にかかっている圧力のことを指します。
指で脈を触れてもらえばわかると思いますが、血管は拍動しています。
これは心臓がポンプのように収縮と拡張を繰り返すことによって血液を循環させているからです。
心臓が収縮している時の血圧を収縮期血圧と呼び、心臓が拡張している時の血圧を拡張期血圧と呼びます。
想像してもらえばわかると思いますが、必ず収縮期血圧の方が拡張期血圧よりも高いです。
一般的に血圧の上と下と言えば、それぞれ収縮期血圧と拡張期血圧のことを指します。

高血圧症の定義

高血圧症は日本高血圧学会によると以下のように定義されています。

収縮期血圧が140mmHg以上あるいは拡張期血圧が90mmHg以上に保たれた状態

ここでポイントとなるのは血圧が高い状態に保たれた状態であるということです。
高血圧症でなくても、激しい運動をしたり、極度の緊張状態になるなどすれば正常な人でも一次的に血圧は上昇します。こういった一時的な状態で血圧が高いだけでは高血圧症にはなりません。
あくまで継続的に血圧が高い状態を高血圧症と定義しています。

高血圧症の分類

高血圧症は程度から以下のように分類されます。

Ⅰ度高血圧症(軽症)
収縮期血圧が140mmHg以上160mmHg未満あるいは拡張期血圧が90mmHg以上100mmHg未満
Ⅱ度高血圧症(中等症)
収縮期血圧が160mmHg以上180mmHg未満あるいは拡張期血圧が100mmHg以上110mmHg未満
Ⅲ度高血圧症(重症)
収縮期血圧が180mmHg以上あるいは拡張期血圧が110mmHg以上

(参考)

至適血圧
収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満
正常血圧
収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満
正常高値血圧
収縮期血圧が130mmHg以上140mmHg未満または拡張期血圧が85mmHg以上90mmHg未満

高血圧症は病態から以下のように分類されます。

本態性高血圧症

高血圧症の9割以上の大多数が本態性高血圧と考えられています。
本態性という言葉がわかりにくいですが、原因がはっきりとしないという意味と考えて差し支えありません。
要は大多数の高血圧症の原因が不明な訳です。
遺伝的要因、食生活、喫煙習慣、加齢性変化、ストレスなどの複合的原因で発症していると考えられます。
後述する二次性高血圧症以外と考えることも可能です。

二次性高血圧症

二次性高血圧症とは高血圧症の中でもはっきりとした原因があるものを指します。
高血圧症の中では二次性高血圧症の占める割合は1割以下と少ないです。
腎疾患に伴う腎実質性高血圧症や腎動脈の狭窄から発症する腎血管性高血圧症の頻度が高いです。
他には副腎から分泌されるホルモンの以上から発症する、原発性アルドステロン症やクッシング症候群などは見落とせない疾患となります。

白衣高血圧症

高血圧症と考えられる患者さんの中には、白衣を着た人の前では血圧が上がってしまい、実は高血圧症ではないという人が居ます。
そういう状態のことを白衣高血圧症と呼びます。
白衣高血圧症の方の場合は家での血圧測定が重要になり、家での血圧測定に問題がなければ正常として取扱をします。

仮面高血圧症

高血圧症であるにも関わらず病院などでの測定では低い値が出る方がいます。
実際は高血圧症であるにも関わらず、あたかも高血圧ではないかのような仮面を被っているように見えるということで仮面高血圧症と呼びます。
日本語ではピンと来ないかもしれませんが、英語ではmasked hypertensionとなり、「masked」に「隠れた」のような意味がある為です。
仮面高血圧症は白衣高血圧症の逆の状態と考えることができます。
仮面高血圧症の病的意義は通常の高血圧症と変わりがないとされています。

高血圧症の症状

高血圧症には一般的に自覚症状がありません。
よく注意をすれば、頭痛、めまい、耳鳴りなどを感じることもあります。
重度になると動機や息切れを感じることもあります。高血圧症には自覚症状が乏しいにも関わらずに疾患として扱われているのはなぜ
でしょうか。
それは高血圧症が血管を傷めて様々な血管の病気を引き起こすからです。
具体的には以下の様な病気になる可能性が高くなります。

脳卒中

脳卒中とは脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血の3種類のことを指します。
脳梗塞とは脳の血管が詰まってしまう病気です。
脳出血とは脳の中の血管が破れて脳内に出血してしまう病気です。
クモ膜下出血とは脳へ流れる血管が破れ脳の周りのクモ膜下に出血してしまう病
気です。
いずれも脳が壊死してしまい、手足の麻痺が出たり、言葉を離せなくなったり、
意識が戻らなくなったりと重篤な症状を示します。
さらに上記症状は後遺症として残り、一生障害を背負って生きていくことになり
ます。

心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞および狭心症とは心臓を栄養する冠動脈という血管が詰まってしまう病
気です。血管が詰まりかけていて労作時など一時的に血流が不足するもまだ改善
をする状態を狭心症と呼び、血管が完全に詰まってしまい心筋が壊死してしまう
状態を心筋梗塞と呼びます。
一度壊死した心筋は再生することがなく、心臓の機能が低下して心不全となった
り、重症の場合は心破裂や心停止など起こし突然死の原因となります。

腎機能障害

高血圧症を放っておくと腎機能障害が出てきます。
腎臓には細かな毛細血管が無数に存在しており、そこで血液をろ過して尿を生成
しています。
高血圧症が腎臓の毛細血管を傷めて腎臓の機能が低下するということです。
腎機能障害が進行をすると最終的には自分で尿を作れなくなってしまい、透析を
行わないと生きていけない身体になってしまいます。

大動脈瘤

高血圧症を放っておくと大動脈瘤ができることがあります。
大動脈瘤とは心臓から出ている最も太い血管である大動脈に瘤のような拡張が出
来る病気です。瘤が大きくなってくると破裂の危険性が増してきて、最終的に破
裂をすると当然かなりの高確率で死亡する危険が出てきます。
瘤以外にも大動脈の壁が避けてそこに血液が流入する解離性大動脈瘤という病態もあります。かなりの激痛を伴い致死率も高いとても怖い疾患です。

動脈硬化症

高血圧症を放っておくと動脈硬化症が進行します。
動脈硬化症とは血管が硬く変化し、血管の内壁が狭くなったりする状態です。
これが上記疾患の原因となっているわけです。
足の一番太い血管が動脈硬化で細くなる病気を閉塞性動脈硬化症と呼びます。
軽度のうちは足が重くだるい感じがあり、定期的に休憩をしないと歩けなくなる
などの症状が出てきます。この症状のことを間欠性跛行と言います。
症状が進行してくると足先から壊死を起こしたりするなど怖い疾患です。

高血圧症の疫学

高血圧治療ガイドライン2014年版によると、日本国内の高血圧症の患者数は約4300万人と推定されています。
高血圧症が原因で死亡する人数は年間約10万人と推定されており、喫煙に次いで多い人数となっています。
高血圧症は今後高齢化が更に進むことから患者数の上昇が予想されています。

高血圧症では脳卒中になるリスクが軽症でも3倍、重症では7倍高くなるという統計結果が出ています。
また、脳卒中のかかる方の約半分が高血圧症が原因と考えられています。

高血圧症では心筋梗塞による死亡率が3−4倍になり、血圧が10mmHg上昇するごとに心筋梗塞及び狭心症になる可能性が15%上昇すると言われています。
また、心臓や血管の病気で失くなる方の約半分が高血圧症が原因であると考えられています。

高血圧症では軽度腎機能障害である慢性腎臓病(CKD)及び透析が必要となるような末期腎機能障害の発症リスクを上昇させることが分かっています。
収縮期血圧が10mmHg上昇する毎に、将来の末期腎機能障害となるリスクが30%程度上昇することが明らかになっています。

高血圧症の診断

高血圧症の診断は測定環境下で異なる基準で行われます。
白衣高血圧症や仮面高血圧症が存在することから家での血圧測定の結果あるいは24時間自由行動下血圧の測定が重要となってきます。

診察室においては少なくとも2回以上の別の機会による血圧測定を基に行われます。
診察室での血圧測定は静かな環境下でカフを心臓の高さに合わせて安静時に座位で行います。

家庭での血圧測定では1つの機会で原則2回の血圧測定を行い、その平均値をその機会の血圧値とします。
1回しか測定せずにその結果をそのままその機会の血圧値として扱うこともあります。

24時間自由行動下血圧測定は、24時間自動血圧計(ABPM)を用いて行います。
利き腕ではない方の腕にカフを巻き、腰の辺りに本体を装着します。
通常であれば日中は30分に1回、夜間は1時間に1回の測定を自動で行い記録されます。
入浴時は取り外してが可能です。

高血圧症の基準値は測定環境によってそれぞれ異なります。
以下の場合高血圧症として診断をします。

  • 診察室血圧値は140/90mmHg以上
  • 家庭血圧値は135/85mmHg以上
  • 24時間自由行動下血圧値は130/80mmHg以上

診察時の血圧値よりも家庭血圧値及び24時間自由行動下血圧値による診断を優先します。

高血圧症の治療

高血圧症の治療は主に生活習慣の改善と薬物療法によるものに別れます。
原則としてはまず生活習慣の改善を試みて、それでも改善が見られない場合に薬物療法を開始します。
ただし、リスクが高い方や高血圧症の程度が強い方は最初から薬物療法を開始することがあります。

高血圧症の方の生活習慣の改善には以下のようなものがあります。

  • 1.食塩の摂取量を1日当たり6g以下にする。
  • 2.食事パターンを野菜や果物や魚の摂取を中心とし、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える。
  • 3.減量をしてBMI(体重(kg)÷身長(m)の2乗)を25未満とする。目標を達成できなくても4kgの減量で優位な降圧効果が得られる。
  • 4.定期的に運動を行う。有酸素運動を中心に毎日30分以上を目標とする。
  • 5.節酒を行う。エタノール換算で男性は20−30ml/日、女性で10-20ml/日以下を目標とする。
  • 6.禁煙をする。受動喫煙も含む。
  • 7.防寒や精神的ストレスの軽減を行う。

生活習慣の改善だけでは高血圧症が改善されない場合には薬物療法が必要となります。
高血圧症の第一選択となる薬としてはカルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、サイアザイド、β遮断薬があります。
それぞれにメリット・デメリットがあり病状に応じた治療薬の選択を行っていきます。
高血圧症が重度な方は1剤で十分な効果が得られることが少なく、併用療法となることがあります。
服薬を忘れずに継続して頂く為に、投与回数や服薬錠数を減らす工夫をしたり、薬価を抑える努力を行ったりします。
高血圧症の治療は長期に渡ることが多い為、無理なく継続できる方法を模索する努力が重要となります。