DEPARTMENT 脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは血中の脂質の濃度に異常がある状態のことです。

脂質とは三大栄養素のうちの一つであり、人体に必要不可欠な重要な栄養素です。
血中に存在する脂質には様々なものがありますが、代表的なものとして
中性脂肪(トリグリセライド)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)などがあります。
脂質異常症(高脂血症)は主に血中の中性脂肪(トリグリセライド)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)
HDLコレステロール(善玉コレステロール)、総コレステロールの4つの脂質の濃度を用いて評価をされます。

中性脂肪の値が400mg/dL以下の場合に限っては、4つの脂質の値には以下の関係式が成り立っています。
LDLコレステロール値 = 総コレステロール値 − HDLコレステロール値 − 中性脂肪値 ÷ 5

脂質異常症(高脂血症)の定義

脂質異常症(高脂血症)の定義は以下の4通りです。

高LDLコレステロール血症
血中LDLコレステロールが140mg/dL以上
境界域高LDLコレステロール血症
血中LDLコレステロールが120mg/dL以上140mg/dL未満
低HDLコレステロール血症
血中HDLコレステロールが40mg/dL未満
高中性脂肪血症
血中中性脂肪が150mg/dL以上

脂質異常症(高脂血症)の分類

病態による分類

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれ、肝臓で合成されたコレステロールを全身に運ぶ役割を果たしています。
悪玉というだけあり、多すぎると健康に悪いとされており、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞など重篤な疾患に最も深く関係していると考えられています。
LDLコレステロールが高過ぎると、血管壁に付着して酸化物質と結びつき粥腫(じゅくしゅ)という瘤みたいなものを作ります。
粥腫ができると血管の内腔は狭くなり詰まりやすくなり、血管壁は硬くなりしなやかさが失われ破れやすくなったりします。

低HDLコレステロール血症

HDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれ、全身や血中で余ったコレステロールを肝臓に戻す役割を果たしています。
善玉と呼ばれるだけあり、少なすぎると健康に悪いとされており、昔はあまり重要視されていませんでしたが、
実は脳梗塞や心筋梗塞などに対しても重要な意味があると最近では考えられています。
LDLコレステロールに関しては少ないことが問題となっている為、高脂血症という言葉はおかしいということで脂質異常症に名称が変更となりました。
LDLコレステロールが低いと無駄なコレステロールが全身や血中に余ってしまうため、
結果として血管壁に粥腫を形成して狭く詰まりやすくなったり、血管が硬くなり破れやすくなったりします。

高中性脂肪血症

中性脂肪はトリグリセリドとも呼び略してTGと表記されることがあります。
中性脂肪は人体を動かすエネルギー源になるとともに、脂肪としてエネルギーを蓄積しておく形でもあります。
中性脂肪が高過ぎるとLDLコレステロールが上がりやすくなり、結果として動脈硬化を引き起こすと考えられています。
血中の中性脂肪の値は、食事や飲酒などの生活習慣の影響を最も強く受ける値です。

原因による分類

生活習慣を原因とする脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)は代表的な生活習慣病のうちの一つであり、生活習慣から発症することがわかっています。
食習慣の影響を受けやすく、脂質や糖質などのカロリーの過剰摂取、偏食、飲酒などが原因と考えられています。
運動不足も原因と考えられており、カロリーの消費不足だけでなく、HDLコレステロール低下の原因とも考えられています。
他には喫煙なども原因として関係していると言われています。

遺伝性の脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)の中には生活習慣が全く問題なくても発症してしまう、遺伝性のものがあります。
家族性コレステロール血症とも呼び、主にLDLコレステロールの代謝異常に関する遺伝子異常が原因とされています。
LDLコレステロールが代謝されず血中に残ってしまうため、高LDLコレステロール血症となってしまいます。
家族性と言うだけあり、親から子に遺伝することがあります。
生活習慣の改善だけでは効果は期待できず、薬物療法は必須となることが多いです。

二次性の脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)の中には別の疾患が原因で、発症するものがあります。
重要なものとしては甲状腺機能低下症、肝臓病、腎臓病、糖尿病などが挙げられます。
その他には薬剤性のものとして、ステロイドホルモンの内服や点滴、利尿薬、ビル(避妊薬)などが原因となることもあります。

脂質異常症(高脂血症)の症状

脂質異常症(高脂血症)には自覚症状がほとんどありません。
黄色腫と呼ばれる黄色い瘤みたいなものが瞼や肘や膝やアキレス腱に出来ることがありますが、必ず出るものではありません。

脂質異常症(高脂血症)は症状がほとんどないからこそ恐いとも言えます。
最も恐ろしいのは血管が詰まってしまって、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な疾患に罹りやすくなってしまうことです。
コレステロールが高いとコレステロールが血管壁の中に入り込み、酸化物質と結びつき酸化LDLに変化します。
酸化LDLがマクロファージと呼ばれる白血球の一種に取り込まれると粥腫(じゅくしゅ)と呼ばれる瘤のようなものになります。
この粥腫が血管の内腔を狭くして、最終的には血管が詰まったりするのです。
粥腫ができてくると血管壁は硬くなり、破れやすくもなります。
脳の血管が詰まれば脳梗塞に、破れれば脳出血やくも膜下出血となります。
心臓の血管が詰まれば狭心症や心筋梗塞となります。
いずれも命を落としたり、重篤な後遺症を残すことが多いとても恐ろしい病気です。
それ以外にも高血圧症のページでも記載しているような、腹部大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症にも罹りやすくなります。

脂質異常症(高脂血症)の中でも高中性脂肪血症を放っておくと、急性膵炎になることがあります。
血中の中性脂肪が高過ぎると膵臓から蛋白や脂質を分解する酵素をたくさん含んだ膵液が大量に分泌されます。
分解酵素をたくさん含んだ膵液が分泌された結果、膵臓自体が分解されてしまい炎症を急に起こしてしまうのが急性膵炎です。
急性膵炎は重症化する疾患であり、命を落とすことも稀ではないとても怖い病気です。

また高LDLコレステロール血症を放っておくと、胆石ができやすくなります。
胆石ができると胆管に詰まって痛みを引き起こしたり、細菌が繁殖して胆石胆嚢炎や急性化膿性胆管炎になったりします。
急性化膿性胆管炎などは命に関わる程重症化することもあります。

脂質異常症(高脂血症)の疫学

脂質異常症(高脂血症)の患者数は厚生労働省による平成23年患者調査の概況によると188万6千人とされています。
この内性別の内訳としては、男性が52万5千人で女性が136万1千人で、女性のほうが約2.6倍も患者数が多いことになります。
LDLコレステロールが140mg/dL以上の方は80mg/dL未満の方に比べて、狭心症や心筋梗塞になる可能性が2.8倍高いと言われています。
中性脂肪が165mg/dL以上の方は84mg/dL未満の方に比べて、狭心症や心筋梗塞になる可能性が2.9倍高いと言われています。
LDLコレステロールの血中濃度が20〜30%低下すると、狭心症や心筋梗塞になるリスクが30%程度低下すると言われています。

脂質異常症(高脂血症)の診断

脂質異常症(高脂血症)の診断は早朝空腹時に血液検査にて行います。
空腹時とは10−12時間以上の絶食を行った後の状態を指し、水やお茶などのカロリーを含まないものの摂取は認められます。
下記のいずれかを満たした場合に脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

  • 血中LDLコレステロールが140mg/dL以上
  • 血中HDLコレステロールが40mg/dL未満
  • 血中中性脂肪が150mg/dL以上

ここで注意をしないといけないのは、診断基準と治療開始基準はまた別物であるということです。

脂質異常症(高脂血症)の治療

目標値について

脂質異常症(高脂血症)の目標値については3つのステップによってリスク評価を行い判断をします。

  • 1.冠動脈疾患(狭心症および心筋梗塞)の既往の有無
  • 2.以下に示す高リスク病態の有無
  • 糖尿病・慢性腎臓病・心原性脳梗塞・梢動脈疾患
  • 3.その他以下に示すリスク因子の数と程度
  • 性別・年齢・喫煙の有無・血清コレステロール値・収縮期血圧値

以上の3項目の評価を経て、LDLコレステロールの目標値を定めます。
こちらについては複雑な為、詳細に興味がある方はお問い合わせ下さい。
HDLコレステロールに関しては一律40mg/dL以下を目標とします。
中性脂肪に関しては一律150mg/dL以下を目標とします。

生活習慣の改善

脂質異常症(高脂血症)で治療が必要となった場合まずは生活習慣を改善します。
理想的な生活習慣としては以下を可能な限りで守ってもらいます。

  • 1.禁煙を行う。受動喫煙も回避する。
  • 2.食べ過ぎに気をつけ、標準体重を目標とした減量を行う。
  • 3.動物性コレステロール(肉の脂身、卵、乳製品など)の摂取を控え、魚類や大豆製品の摂取を増やす。
  • 4.野菜や海藻類、未精製穀類や果物の摂取を増やす。
  • 5.食塩を6g/日未満に控える。
  • 6.アルコールを25g/日以下に控える。
  • 7.30分以上の有酸素運動を毎日行う。

※動物性コレステロールの摂取に関しては血中コレステロール値とは関係がない
という説が出てきています。

薬物療法

生活習慣の改善を行っても目標のコレステロール値が達成されない場合に薬物療法を行います。
コレステロールを下げる治療薬は様々なものがあります。
主に使われるものとしてはLDLコレステロールを下げる効果が高いスタチン系と中性脂肪を下げる効果が高いフィブラート系があります。
滅多に出ることはないですが、横紋筋融解症という思い副作用が出ることが稀にある為注意をしながら投与を行います。
小腸コレステロールトランスポーター阻害薬も比較的新しい薬ですが、上記で効果が不十分の場合にはとても良い選択となります。
副作用は消化器症状が主になります。

脂質異常症(高脂血症)の治療は長期に渡ることが多く時には半永久的に服用される場合がある為、無理のない選択が重要となります。
最適な治療効果をもたらし、副作用や副効果に配慮するのは当然のこととして、
服薬の回数やタイミング、薬価などにまで配慮をした選択を行って行く必要があります。